中性脂肪が気になり出したならダイエットをスタート

体重計

ダイエットしましょう

中性脂肪を減らし、生活習慣病のリスクを下げるためには、ダイエットをすることがポイントになります。カロリー過多にならないように気をつけましょう。そして、DHAやEPAを含む青魚、納豆などを食べるようにすることです。

女の人

ダイエットすることが大事

中性脂肪を減少させる効果のある栄養素と言えば、食物繊維が挙げられます。便秘解消効果ばかりが注目されますが、糖の吸収をゆっくりにする働きもあります。サプリメントを利用してでも不足させないようにしましょう。

お腹を摘む人

内臓脂肪型肥満の人へ

中性脂肪を減らすにはダイエットをすることが大事です。まずは、食べるものに気を配るようにしましょう。納豆や豆腐には中性脂肪を減らす効果があります。毎日食べるようにしましょう。また、DHAやEPAのサプリメントを摂取するのもおすすめです。

食物繊維が重要

ウエストを測る人

食物繊維の基礎知識

中性脂肪の増加を防ぐ栄養素として、近年食物繊維が注目されています。食物繊維は美容に良い言うイメージが強く、女性のための栄養素と思われがちです。しかし中性脂肪だけでなく、コレステロールも減らします。中年になって体重が増加し始めた男性にもおすすめです。食物繊維は普通に食事をしているだけでは十分な量が摂れません。たくさん摂るコツを知っておくことが大事です。野菜は食物繊維が豊富で、中性脂肪を減らすための健康食品とも言われています。ただ、生野菜は量が摂りにくいです。加熱して摂るようにしましょう。煮たりゆでたりするとカサが減ります。生野菜よりも量が摂れるわけです。洋食中心の人は、和食に切り替えるのもいいでしょう。洋食はタンパク質などは豊富ですが、食物繊維は多くないです。和食には食物繊維が豊富な食品が多く使われています。また、食事が不規則になりがちな人は、健康食品を上手に取り入れるようにしましょう。食物繊維のサプリメントだけでなく、ポリフェノールのサプリメントやDHAのサプリメントもおすすめです。とくに、DHAのサプリメントは昔から中性脂肪を減らす作用がに優れているとして広く知られています。また、食物繊維を摂取するならば、タイミングにも注意しましょう。野菜を食べる場合は、一番最初に食べることが絶対です。そうすれば、糖の吸収がゆるやかになり、太りにくくなります。中性脂肪の増加も抑えられるわけです。