中性脂肪が気になり出したならダイエットをスタート

内臓脂肪型肥満の人へ

お腹を摘む人

食事を見直すこと

内臓脂肪型肥満は、糖尿病や高血圧のリスクを高めます。健康に多大な悪影響を与えるので、すぐに改善しましょう。まずは、食事の見直しから始めることです。中性脂肪の増加を防ぐのに役立つ食品を知っておきましょう。中性脂肪を下げる効果が非常に高く、それでいて安くで手に入るのが納豆や豆腐です。これらはイソフラボンが豊富なので、美容に良いイメージが強く、女性におすすめの食べ物と言われます。しかし、納豆に含まれるナットウキナーゼには、中性脂肪を下げる効果があるのでメタボな中年男性も食べるべきです。ダイエット効果も高く、健康食品と言っても言い過ぎではないでしょう。また、最近は食事を改善しつつ、積極的にサプリメントを取り入れる人も多くなってきました。中性脂肪を遠ざけるサプリメントも知っておきましょう。筆頭に挙げられるのはDHAとEPAのサプリメントです。DHAにはLDLコレステロールと中性脂肪を減少させる作用があります。EPAは血をサラサラにしてくれるので、動脈硬化のリスクを下げてくれます。脳梗塞や心筋梗塞など、危険度が高い病気の予防になるので、積極的に摂るようにしましょう。最近では、DHAとEPAとナットウキナーゼの3つの成分が配合されている健康食品もあります。1つで済むので負担が軽くなるでしょう。また、運動をすることも大事です。短期間で健康効果を感じることができるので、モチベーションも上がるでしょう。